松本清張の有名作品「点と線」を読みました。松本清張の作品、ちょっと疲れるけど 好きなんですよね。何重にも伏線がはられていたり、交差しそうでしなかったりするところ。ドラマ化しているものも多いです。

点と線【電子書籍】松本清張

 

(※クリックすると楽天のお買い物サイトに飛びます)

点と線、最近のバージョンだとビートたけしさんとか高橋克典さんが出てますけど。昔の映画版も見たいですね。

舞台となった場所が、実は私はとても馴染みのある場所なので そこで殺人事件が起きたという設定や、聞き込み調査する場面があり 実際の話ではないのですが、描写がリアルで なんだか不思議な感じです。