娘の習い事の先生に頼まれた発表会の案内、

無事に中国語版も英語版も完成しました。

1日で完成って、早い!

っが、私がしたわけではありません。。。

中国版は台湾のパルがワードを使って、

簡体字(中国で使われている漢字)で。

英語版は私が作ったものをイギリスのパルにメール添付して

赤ペン先生をしてもらって完成。

「イギリス英語でいいの?」と夫に聞かれたけれど、

アメリカ英語版までいるの?!

そんなに変わらないはず…多分…。

習い事の先生には、

「全く私の実力ではなく、友人たちにしてもらっただけです!」と

きちんと伝えた。

中国語版と英語版がもう完成したので、

来年からは、微修正だけで、中国語圏と英語圏の生徒さん募集できますね~

と先生に話したところ、

「ルー大柴も真っ青な英語で指導しているんだから。無理!」と。

我が家の子どもたちにピアノを教えているときは

吉本新喜劇を見ているような突っ込みとリアクションの

とーっても面白い先生です。

海外公演もされていた先生で、ピアノを弾くと

いつもの先生はどこ行った?!という豹変ぶりでため息がでるほど美しい。

そんな先生に習っているこどもたちですが、

「太郎君、まずは右手から弾こう。」と先生に言われて

左手で弾き始める小1がいたり、

最後の最後で、ダーン!!とかっこよく決めるところで

ポーンとオクターブ間違えて引く小3の指導は椅子からずっこけたり、

「なんでやねん!」と突っ込んだり、先生は忙しそうです。

先生には「フランス語版とオランダ語版、

ドイツ語版にスペイン語版もできますよ!」

と伝えた。

仲良しのパルたちに「翻訳して~」と丸投げ予定ですが。

フランスの元軍人パルに今回のことをメールで話したら、

「フランス語版はチョコのお礼に、いつでもするわよ!」と

すでに言質とってますから。

英語版は完璧!と思って、ロンドンのパルに送ったのに、

untilに私がしていたところを、byにしたほうがいいとか

onにしていたところを、inに修正されたり、

この短い中で、これだけ前置詞を間違えているなら

普段の私の手紙は前置詞って、ほぼ間違っているのでは?!と

私が青ざめてしまったことは先生には秘密で。


にほんブログ村